「令和断酒のススメ」その2 禁酒・断酒は絶対に成功します!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

こんにちは!kenです。

いよいよ令和の時代がはじまりました!

平成に入ってすぐにお酒を飲みはじめ、平成30年10月に断酒を決意するまで、もう一生分飲みました(笑)

令和元年からはじめる「令和断酒のススメ」でも書きましたが、令和は断酒で過ごします!

いつ終わるのか分からない令和時代を断酒で過ごすって、

ゴールのないマラソンみたいでなんだかツラそう、、、

 

 

「断酒は1日にしてならず!」

令和時代を断酒で過ごすと考えずに、飲まない毎日を積み重ねて行くだけです。

すると、令和が終わる時に、「あ、そー言えば令和になってから飲んでないじゃん!」とかる〜く言えるはず!

 

 

成功確率1%のことに挑戦しても、459回挑戦すれば成功確率99%!

ミドリムシで有名なユーグレナ(株)ユーグレナ代表の出雲充氏の有名なインタビューです。

最近、当社の手掛けるミドリムシが注目され、会社への関心が高まるにつれ、しばしば「成功の秘訣は?」という質問をされるようになりました。

その答えとして私がよく引き合いに出しているのが、私が発見したわけではないですが

「1回目の成功の可能性が1%しかなかったとしても、2回挑戦したら、成功率は1.99%になる」という法則です。

 

 

例えば、あなたが成功率1%のことに挑戦するとします。

成功率1%ということは、逆に失敗する確率が99%であり、ほとんど成功しないということになります。

しかし、1度失敗したことをもう1度チャレンジすると99%(1回目の失敗確率)×99%=98.01%となり、

失敗する確率は1%減り、成功確率は2%に上がります。

 

同じように3回目のチャレンジの場合、98.01%(2回目の失敗確率)×99%=97.0299%で成功率は3%に上昇。

以後、挑戦すればするほど成功率は上がり、50回挑戦すると、成功率は39.4994%と3分の1以上、100回挑戦すると成功率は63.3968%で、なんと3分の2にまで上がり、459回目の挑戦での失敗確率はわずか 1%! 逆に成功率は 99% となるのです。

 

ウソのような法則ですが、私自身が身をもって体験しました。

ミドリムシが事業として成り立つ可能性は、最初は1%どころかもっと低かったかもしれません。

しかし、営業し続けること実に500回近くに及ぶ挑戦で(459回より少し多かったですが)、日本でも有数の大手商社と出会うことができました。

「そんなに言うのであれば」と出資してくれたのです。

それが決まると、信用がグンと上がり、次々と出資や協力してくれる大企業が現れました。

一つの出会いのおかげで、それまで誰もが不可能だとそっぽを向いていたミドリムシ事業が軌道に乗ったのです。

日立ソリューションズ 昨日の不可能を可能にする「万能超ポジティブ」講座より引用

 

これまでの飲酒時間を計算してみよう!

仮に禁酒・断酒に挑戦しはじめても、はじめのうちはなかなかやめられないかもしれません。

仮に毎日飲んでいた人が禁酒・断酒を決意。

結果として週3回飲酒したとします。

1年は52週なので、

3日×52週=156回で、1年で156回スリップすることになりますね。

※スリップって何?スリップとは・・・
スリップとは、お酒、薬物、ギャンブルをやめている最中に、極一時的に、再びお酒や薬を使用したりギャンブルをしたりすることです。

依存症対策全国センターより引用

 

この人が、3年間断酒をしたいと思いながら週に3回スリップを繰り返すと、

156回×3年=468回。

3年で468回スリップです。

 

するとどうでしょう!

理論上、成功確率99%の回数に到達します。

 

あくまでも数値上の計算ですが、禁酒・断酒を決意するということは、それなりの理由があってのことだと思います。

アルコールは依存性が高いので、飲む回数が多くなるほど飲酒欲求が強くなるので、理論上の計算通りにいかないかもしれません。

468回目のスリップをしたら469回目に挑戦、469回目のスリップをしたら470回目の挑戦。。。。。。。。。

何度でも断酒に挑戦すれば、いつか必ず「気づいたらのんでないじゃん!」て日が来ます!

 

 

それにしても週3回飲酒すると3年で468回飲酒するって、計算しながらゾッとしました(笑)

思い返せば平成の間は、少なくとも週3以上で飲んでいたはず。

30年間飲酒したってことは4680回も飲酒したってこと??

1回4時間飲んだとすると18720時間。

18720時間÷24=780日!

う〜ん、30年間のうち780日飲んでたってことになります。

30年間のうち2年間飲みっぱなし!

こう考えると、ホント飲んでる場合じゃないと思いませんか?

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 断酒チャレンジ、ときどき旅 , 2019 All Rights Reserved.