飲み会と温泉でマッサージどっちが贅沢?お酒は脳の麻酔薬?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

こんにちは!kenです。

昨晩かなり疲れ気味だったので、自宅から車で10分の天然温泉に行ってきました。

温泉に岩盤浴にマッサージを受けて、19時入館、気がつけばなんと23時。

4時間の滞在で支払総額は7000円弱。

平日から随分贅沢したな〜と大満足で帰宅の途につきました。

「ん?」と感じた猛烈な違和感。

飲み会と同じ時間、飲み会より安い金額なのになぜ贅沢?

お酒にかける時間とお金が安く感じられる謎。

この疑問、飲み会に行ったケースと天然温泉でくつろいだケースを徹底比較してみます。

飲み会のケース

19時開始、23時終了。

2次会まで行くとおそらく飲み代は8,000円〜1万円程度。

そのあとにキャバクラなんて行っちゃうと、お金はいくらあっても足りませんから(笑)、今回の予算は8,000円〜1万円と仮定します。

飲み会に使った時間は4時間。

kenの場合は帰宅してさらに1時間〜2時間飲むので6時間と仮定します。

飲み会にかかる予算:8,000円〜1万円程度。

飲み会にかかる時間:4時間+飲み直し1〜2時間の合計6時間。

天然温泉のケース

昨日行った天然温泉のスーパー銭湯での実績で計算してみます。

19時入館、23時退館。

入館料1,000円とマッサージ代(店長指名料込)6,300円の合計7300円。

天然温泉でマッサージにかかった予算:7,300円。

天然温泉でマッサージにかかった時間:4時間。

お酒は脳の麻酔薬?

少し前に断酒の大先輩が紹介してくれた小金井市医師会のサイトお酒は「脳の麻酔薬」を思い出しました。

今回は、お酒によって脳が麻酔される過程を5段階に分けてお話しします。
ステップ1「人格が変わる」
飲み始めてしばらくすると、「人間らしさを保つ」脳の前の部分(前頭葉)の働きが鈍くなります。 前頭葉は人の「やりたいこと、言いたいこと」を周囲の状況によってコントロールする働きをしています。 説教、多弁、人にからむ、エッチになる、笑い上戸、泣き上戸等のサインが出ます。 特に日ごろストレスが溜まっている人に多い傾向があります。
ステップ2「忘れる」
さらに飲み続けていると、「記憶する」脳の横の部分(側頭葉)の働きが鈍くなります。 何度も同じことを話す、名前や場所や時間を間違える、飲んだことを覚えていない等のサインが出ます。
ステップ3「目が見えない」
この段階は、「物を見る」脳の後ろの部分(後頭葉)の働きが鈍くなります。 目を細めて人を見る、目が据わる等のサインが出ます。
ステップ4「千鳥足」
この段階になると、「身体のバランスを保つ」脳の下の部分(小脳)の働きが鈍くなります。 ガニ股歩き、千鳥足等のサインが出ます。
ステップ5「深い眠り」
いよいよ最終段階では、「生きるための砦」脳の芯の部分(脳幹部)の働きが鈍くなります。 深い眠り(いびきをして全く起きない状態)とともに呼吸が弱まる、血圧の低下、ひとみ(瞳孔)が開く等のサインが出ます。 いわゆる「急性アルコール中毒」の症状で、病院で手当てをしないと生命に危険が及ぶ場合もあります。
気持ち良くお酒を飲む場合は、ステップ2までにしておきましょう。

寝落ちを目的に飲酒していたkenは思い当たる節がたくさん!
飲み会のお金が安く感じられるのも脳に麻酔がかけらてているから?

まとめ

かかるお金はやっぱり飲み会の方が高くつきます。

キャバクラや帰宅とシメのラーメン、帰宅後の酒代まで考えると、際限のないお金がかかります。

一方の天然温泉でマッサージは食事をしても1万円を超えることはまずないでしょう。

同じ時間と同じ金額を使った場合、明らかに温泉の方が贅沢したな〜と思いますよね?

昨晩帰宅後この比較を妻に話したところ、核心をつく発言が。

「飲み会行って1万とかふつーだよね。つーかいくら払ったか覚えてないことの方が多いでしょ?」

 

・・・仰る通りです。脳に麻酔入れちゃうと、覚えてないこと多いです(T . T)

この記事を書いていても飲み会の1万と温泉の1万、同じ1万なのに圧倒的な温泉の贅沢感は不思議です。

恐るべし、脳の麻酔薬。

もう飲まないぞ!ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 断酒チャレンジ、ときどき旅 , 2019 All Rights Reserved.