知性と感性を持てば「メキシコの漁師とMBAコンサルタントの話」も腹落ちする

アバター
WRITER
 
知性と感性を持てば「メキシコの漁師とMBAコンサルタントの話」も腹落ちする
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

こんにちは!kenです。

 

断酒チャレンジ362日目。

 

僕の所属する旅のクリエイターコミュニティ「CARAVAN」団長で友人の吉良コウ君がとっても印象深いブログ記事を作成してましたので紹介します。

 

この記事を読んではっとさせられました。

 

人生楽しく生きるためには「知性」と「感性」が大事って話です。

 

 

貧しさとか不幸の本質的な原因は、

「知性」と「感性」の欠如。

 

つまり、「今ある状況そのもの」よりも、

「それをどう感じて考えるか」という頭と心のほうが大事。

知性と感性があれば、日常の中に奇跡をいくつも見つけて、無限に豊かに楽しめるし、実はそれ自体が更なる豊かさと幸せを生んでくれます。

多くの人は「お金が足りない(と思い込んでる)」ことや「毎日同じことしてる(と思い込んでる)」ことを貧しく不幸と考えるけど、実はそうじゃない。

 

問題は、今ある状況から学び楽しめない「中身」のほうにあるんです。

知性と感性があれば、道端の花ひとつ見ても無限に学び楽しめるわけで。

 

そしてそれこそが、お金やもっと楽しいことを呼んでくれる。(ここも何気に大事)

引用:「豊かさと幸せ」のカギは、「知性と感性」。

 

う〜ん、深い。

 

相変わらずの思考力、さすがです。

 

見習わなければ。

 

 

いつでも人生を楽しめる「感性」について

 

とにかくずっとやりたいと思っていた海外での新規事業立ち上げ。

 

 

ミャンマー・ヤンゴンでまずはマッサージ店をはじめてみて、住んでみる。

 

「あったらいいな」や自分の「困ったこと」を肌で感じてそんな新しいサービスを生み出したい。

 

実際に住んでみないと気付かないことがたくさんあるはず、そんな思いでヤンゴンでの店舗をオープンさせました。

 

 

でも、実際にはじめてみると苦労の連続。

 

  • 言葉が通じない。
  • 店舗の備品を買いたいけどこで買っていいかさえ分からない。
  • 日本ではボタンをポチれば翌日届く印刷物。ヤンゴンでは1日10件印刷屋回っても受付すらしてもらえない。
  • スタッフがすぐやめる。
  • なかなか売上が上がらない。
  • がんばって上げた売上金が紛失する。

 

どんなトラブルがあるの?って聞かれたらいくつでも出せます。

 

キリがないのでやめときますがw

 

 

オープンから半年が経とうとしている今はかなり落ち着いてきましたが、ヤンゴンに来て1〜2ヶ月は頻発するトラブルを解決するので精一杯の毎日でした。

 

 

自分がずっとやりたかったことをやっているのに、楽しくない。むしろ苦しい。

 

そんな思いでヤンゴンで暮らしていました。

 

本末転倒とはまさにこのこと。我ながら情けない、、、

 

 

 

当たり前ですが、オープンしてすぐには当然たくさんのお客が来るわけではありません。

 

頭では分かっていても、気持ちは焦る一方。

 

お客がいない時間に冗談を言い合いながら、スタッフ全員でマッサージの練習中にマネージャーが一言。

 

”Everybody happy!”

 

どうやって集客して、どうやって売上を上げようか、、、

 

そんなことばかり考えていた時のこの一言。

 

心が溶かされた様な温かい気持ちになって、溢れそうになる涙をこらえるのに必死でしたw

 

人生楽しけりゃそれでいいじゃん!

 

 

 

それなのに自分ときたら、、、、、

 

 

金、カネ、金。

 

とにかく売上を上げて店舗運営を少しでも早く軌道にのせたい。

 

 

気持ちばかり焦って自分が望んだ状況を全く楽しもうとせずにいた自分に気付かされました。

 

多くの人は「お金が足りない(と思い込んでる)」ことや「毎日同じことしてる(と思い込んでる)」ことを貧しく不幸と考えるけど、実はそうじゃない。

 

問題は、今ある状況から学び楽しめない「中身」のほうにあるんです。

 

まさにコレです。

 

 

はじめて行った国、ミャンマー。

 

言葉も通じなければ、文化も違うし、ビジネスに対する考え方も日本人とはかけ離れてます。

 

 

そんな未知の国で、全く未知の環境でビジネスを展開するのに、苦労するのは当たり前。

 

事業を軌道にのせたい、という結果ばかり追い求めすぎて、そこに到達するプロセスを楽しむって余裕が欠落していました。

 

ピンチはチャンス、チャンスはピンチとはよく言ったものです。

 

人生楽ありゃ、苦もあるさ〜、と黄門様も言ってます。

 

 

 

どんなにツライ状況でもそこを踏ん張れば成長乗してり越えることができる。

 

逆に、どんなにHappyな状況になっても決して浮かれすぎない。

 

 

自分の現状を素直に受け入れていつも楽しみながら毎日を過ごすことができれば、豊かな人生が送れるのかな、なんて思う訳です。

 

  • 朝日がキレイ
  • 家族や友人との会話が楽しい
  • 道端に咲く花が美しい
  • ご飯がおいしい
  • 昼寝してスッキリ

 

ぱっと考えただけで毎日を彩る出来事って案外多いです。

 

見たり聞いたり体験したことを「楽しい」「よかった」「ありがたい」と感じられる「感性」が大事、って話でした。

 

豊かな感性があれば、人生を充分に楽しめるはずです。

 

 

人生を豊かにする「知性」について

 

知性と感性を持てば「メキシコの漁師とMBAコンサルタントの話」も腹落ちする

 

平日の昼間から道端で楽しそうにお茶を飲む現地の人。

 

東南アジアでよく見かける光景です。

 

旅行者目線でみると平日昼間からのん気そうでうらやましい、なんてよく思いますw

 

 

ヤンゴンでマッサージ店をオープンさせて、ミャンマー人を雇用して半年。

 

彼らはいつも楽しそうに働いてます。

 

実際に聞いてみました。

 

”Are you happy everyday?”

 

”Sure!”

 

即答でした。

 

 

言われるまでもなく、いつも彼らは生き生きしてて、まさに人生を楽しんでるって感じです。

 

 

ただ、彼らに対して思うことが1つ。

 

 

 

彼らの月給は歩合給含めて約2万円前後と日本人からみたらかなり少額。

 

 

スズメの涙のような歩合給でさえ、入ったら入った分だけ全部飲み食いしたり、欲しいものはすぐに買っちゃう。

 

 

で、給料前借りしたりしに来る訳です。

 

絶対に貸さんけどw

 

 

お金がなくても毎日を楽しむ、という「感性」はものすごく豊かなんですが、お金の使い方という「知性」が足りないのかな、なんて思うわけです。

 

 

「どんな状況も学び楽しめる知性感性」と

「お金やその他リソース」とは、両方持つのがいいよねと。

これらはなぜかトレードオフというか、二項対立的に語られがちですが、

絶対両方いるよね、と僕は思っていますとさ。

 

自分が置かれた状況を楽しめる知性や感性と、経済的な豊かさ両方持つことで、より人生を楽しめるのかな、なんて思うわけです。

 

 

メキシコの漁師とMBAコンサルタント

 

一方で「知性」を持っても正しく使うことができないと、メキシコの漁師とMBAコンサルタントの様な話にもなりかねません。

 

メキシコの海岸沿いの小さな村に、MBAをもつアメリカのコンサルタントが訪れた。
ある漁師の船を見ると活きのいい魚が獲れている。

コンサルタントは聞いた。

「いい魚ですね。漁にはどのくらいの時間かかるのですか?」
「そうだな、数時間ってとこだな。」

「まだ日は高いのに、こんなに早く帰ってどうするのですか?」

「妻とのんびりするよ。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しみ、それで、寝ちまうよ。」

それを聞いてコンサルタントはさらに質問をした。
「なぜもう少し頑張って漁をしないのですか?」

漁師は聞き返した。
「どうして?」と。

「もっと漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっと多くの金が手に入り、大きな船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益がでる。」

「それで?」と漁師は聴く。

コンサルタントは答える。
「次は都市のレストランに直接納入しよう。さらに大きな利益がうまれる。そうしたら、この小さな村から出て、メキシコシティに行く。その後はニューヨークに行って、企業組織を運営すればいいんだよ。」

「そのあとはどうするんだ?」漁師はさらに聞いた。

コンサルタントは満面の笑みでこう答えた。
「そこからが最高だ。企業をIPOさせて巨万の富を手に入れるんだ。」

「巨万の富か。それで、そのあとはどうするんだい?」と漁師は最後に質問した。

「そしたら悠々とリタイヤさ。小さな海辺の町に引っ越し、家族とのんびりシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しむ。のんびりした生活を送れるのさ。」

漁師はため息をつき、やれやれ、という顔で一言を付け加えた。

「・・・・そんな生活なら、もう手に入れているじゃないか。」

 

MBAを取得したコンサルタントは「知性」を、漁師は人生を楽しむための「感性」をもってます。

 

マヌケなMBAのジョークなんて話もありますが、ネット上では様々なコメントが集まっています。

 

・この漁師は、自給自足の生活の中で十分幸せな生活をしているんだね。幸せはお金では測れないんだって、再認識させられたよ。

・金儲けばかり考えると、今ある幸せに気付けなくなるのかな。それならお金なんていらないよ。

・僕はこのお話聞いたことあるけど、大嫌いだ。まるでコンサルタントが頭が悪いかのように見せている。
それでは明日、漁ができなくなったら?子どもが明日、重大な病気にかかったら?コンサルタントは、漁師のためを思って正しいアドバイスをしているよ。

・コンサルタントが愚かだという意見が多いみたいだけど、僕はそう思わない。コンサルタントが提示するリタイヤ後の生活は、子どもたちのために渡すことが出来る財産があるんだからね。

・国民性を表しているのかな?アメリカ人は利益優先、メキシコ人は家族優先みたいな感じとか。

・コンサルタントも、漁師も、各々の幸せの形があるんだと思う。きっと、これからそれぞれの幸せを追い続けていくんだろうね。

引用:「メキシコ人の漁師とハーバード大卒のコンサルタント」の話

 

メキシコ人漁師について思うこと

 

魚が釣れなくなったら、ワインを傾けながら妻との会話を楽しんでる場合じゃありません。

 

「今」を楽しむのはおおいに結構。

 

今ある状況を楽しん豊かな人生を楽しむことができる。

 

サイコーですね。

 

 

 

一方で自然災害やコロナウィルスなどなにが起きるか分からない現代社会。

 

人生を謳歌している漁師が、万が一の事態に柔軟に対応できる「知性」を持つことで、鬼に金棒。

 

最高の人生を楽しめそう。

 

 

MBAをコンサルタントについて思うこと

 

一方のMBAコンサルタント。

 

売上・利益を最大化するための経営学を学んだMBAコンサルタント。

 

事業規模の拡大ばかりを追い求めていますが、僕はそれが正しいとは思いません。

 

あまりにも規模を追い求めすぎると、コケた時の損害も甚大になります。

 

 

 

 

幸せの定義は人それぞれ。

 

カネさえあればという人もいれば、漁師のようにのんびり人生を楽しみたいと言う人も。

 

 

自身にとってなにが必要で何が不要か。

 

カネがあればHappyな人生が送れるとは限りません。

 

逆にカネがなくても人生楽しめるなんて思いません。

 

 

 

やっぱり大事なのは現状を楽しめる「知性」と「感性」。

 

人生を楽しむために自身に必要な分のお金。

 

両方を持つことでよりよい人生を送れるのかな、なんて思います。

 

 

まとめ

 

自分のやりたいこと=目的=人生をどう楽しむか。

 

目的をコミットするためにの「みちしるべ」=「目標」

 

目標をきちんと積み上げれば目的は必ず達成できると思うんです。

 

 

どんな状況でも、自分の置かれた状況を楽しめる感性

 

自分の置かれた状況で、自身にとって最高と思われる選択肢を持ち、最善策を選ぶことができる知性

 

 

毎日を楽しく過ごせる「感性」と、人生を豊かにするための「知性」

 

 

感性と知性を持って、豊かな人生を楽しみましょう!

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ







Comment

  1. アバター 断酒ビギナー より:

    私も禁酒頑張りたいです!
    お酒が習慣になってしまい、寝る前にストロング系を一本か二本飲んで、お菓子を食べ、寝る。ということが習慣になってしまいました。
    趣味で運動を週2〜4回しているので、そこまで急激に体重増加はしていないと思うのですが、コロナ騒動のためその運動もできなくなってしまい、このままでは確実に太る。。。ということで始めました。
    効果はまだそんなに感じていませんが、習慣を断ち切るというのが非常にきつく、この一週間、ただ飲まない。それだけだというのに、かなりの自制心が必要でした。
    夜お腹が空いて、飲みたい気持ちをぐっとこらえるため、禁酒、痩せた。 を何度も検索し、このサイトにたどり着きました。
    参考になることがたくさん書いてあり、とても役に立ちました。
    まずは一週間を達成することができたので、次のもう一週間を頑張りたいです。
    目の前の1日1日を、気持ちを強く持って臨みたいと思います。
    大変ためになるブログをありがとうございます。
    断酒天国というアプリを試そうとしましたが、見つけられませんでした。
    もうなくなってしまったのでしょうか?

    • アバター ken より:

      断酒ビギナーさん

      コメントありがとうございます。
      ちょうど1年ほど前に酒をやめて、もうすぐ1年が経とうとしています。

      酒やめるとびっくりするぐらい暇になりますよね笑
      僕も断酒ビギナーさんと同じように、酒やめてすぐの時は、
      酒飲まないとこんなに暇なのかっ!と痛感してました。
      暇つぶしではじめたブログですが、お役に立てたようでホントに光栄です!

      酒やめたばかりの頃は有り余る時間を断酒ビギナーさんと同じように禁酒・断酒のページを読みまくってました。
      そんな時に見つけたのがヒースレイカーさんのサイトでした。

      本当に為になるサイトなので是非覗いてみて下さい。
      アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!

      断酒天国は正確に言うとアプリではなくサイト?になるんだと思います。
      誤解を招くような分かりづらい表現で申し訳ありませんでした。
      以下URLから無料で登録できますので、是非試してみて下さい。
      断酒天国

      断酒ビギナーさんの酒やめよう!って強い決意をコメントから感じました。
      とっても大事なことですが、ガマンしていると思うと余計に飲みたくなりますよね。

      酒飲みたい、と思ったら酒以外の何でも良いのでとにかく飲み食いしてみて下さい。
      アイス食べまくるもよし、コーラがぶ飲み、ポテチとかでもいいですよね。
      深夜3時にイライラしすぎてカップヌードルシーフード食べて飲酒欲求をしずめたこともw
      毎日スーパー銭湯やサウナいくのも気が紛れました。
      とにかく酒以外の好きなこと何でも良いので気を紛らわせてみて下さい。

      とにかく酒飲まなきゃなにしてもいい、ってマイルール作ってしばらく凌いでました。
      しばらくすると飲みたいとも思わなくなりますので、お互い気楽にがんばりましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 断酒チャレンジ、ときどき旅 , 2020 All Rights Reserved.