怪しいと評判のagoda ウラジオストクで民泊を勝手にキャンセルされた

アバター
WRITER
 
Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) agoda
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

こんにちは!kenです。

 

 

マイルが余ってるしちょうど夏休みだし、去年行って楽しかったウラジオストクにもう1度行ってみることに。

 

 

 

さて、家族5人が泊まれるホテルを探すのってなかなか大変。

 

定員が4人までだったり、2部屋取ろうとしても空き部屋が1部屋だったりと、ホントに難しい。

 

ましてや、飛行機のチケットが取れても行った先のホテルががっかりなホテルだと、せっかくの旅行も台無しです。

 

 

 

そこで活躍するのがホテル予約サイト。

 

 

旅好きの方ならよく目にする、Booking.comやExpediaやHotels.com、トリバゴ、、、

 

ちょっとマイナーですが、Agodaというサイトもあります。

 

Agodaは価格が他のサイトよりも安いことが多く、良く利用しているサービスの1つです。

 

 

飛行機の予約をする前に良さそうなホテルがきちんと確保できそうか、きちんと目星をつけてから飛行機の予約を完了。

 

ホテル探しの際にagodaを利用したのですが、予約した宿はどうやら民泊のよう。

 

 

予約して2日後に勝手にキャンセルされてしまったので今回はその顛末をレポートします。

 

 

Agodaで快適そうなウラジオストクのホテルを発見!!→予約

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) agoda

Agodaで見つけたウラジオストク市内を見下ろす部屋

 

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) agoda

広々とした室内

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) agoda

バルコニーからの眺めも良さそう

 

なかなか良さそうな部屋を発見!!

 

ホテルの名前は、、、

 

 

[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²)/2バスルーム (Together Guesthouse . Apartment)

 

 

ホテルじゃなくて民泊だな、これ。

 

 

 

去年泊まった宿もAirb&bで予約して全く問題なく快適に泊まれました。

詳細はウラジオストクの一軒家をAirbnb(エアビー)で予約、使ってみた感想のブログ記事を参照。

 

去年の快適な宿泊体験が今回の悲劇のはじまりでした。

 

 

 

ま、問題ないでしょ。

 

と予約ボタンをポチリ。

 

しばらくしてから予約完了のメールが届きました。

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) 予約完了後のメール

 

ん??

 

「ホストからの確定を待っています」の表示。

 

 

一瞬感じた嫌な予感。

 

ま、そのうち確定するでしょ、と確定を待つことに。

 

 

 

 

Agodaから勝手にキャンセルのメールが届く!

 

2日後にAgodaからメールが届きました。

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) 予約完了後のメール

 

!!!

 

なんと、勝手にキャンセルされてしまいました!!

 

 

しかも予約してから2日後って、、、

 

Agodaに勝手にキャンセルされた理由を電話で問い合わせてみた

 

そもそも、ホストの承認がないと、予約がキャンセルされる、というシステムがユーザー目線で見るとおかしいです。

 

こちらは良さそうな部屋の空き状況を確認した上で、飛行機を予約、部屋を予約という手順を踏んでいます。

 

 

結構日程が迫っているので、他のホテルを探しても、良さそうな部屋は見当たりません(T_T)

 

部屋がキャンセルになると、再度宿泊するためのホテルを探さなければならず、ユーザビリティは限りなくゼロに近いです。

 

ここからは推測ですが、このホストはBooking.comやhotels.com、Expediaなど他の宿泊予約サイトでも予約を受け付けていて、ダブルブッキングしないようにこのようなシステムを採用しているのかな〜、なんて想像しましたが、ちょっと違うようでした!

 

同じ日程で再度検索すると、、、

 

Agodaで見つけたウラジオストクのホテル、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²) 勝手にキャンセルされた後に再検索したら値段が1.5倍に

Agodaで勝手にキャンセルされた跡、同じ日程で再検索すると値段が1.75倍に!

 

もともと3泊で8万で予約したのに、1.75倍の14万に値上がりしてる!!

 

予約があったホストが需要があるとみて、承認せずにキャンセルして値段を吊り上げたとしか思えません。

 

 

 

アゴダの電話問い合わせ窓口に電話した結果

 

すぐにアゴダの電話窓口に電話しました。

 

外資系の企業のコールセンターって、担当者が外国人の場合が多くて、結構やりづらかったりするのですが、丁寧な日本人が電話に出てくれました。

 

 

Agodaの電話問い合わせ担当とのやりとり

Q.コチラに落ち度はないのになぜキャンセルされたのか?

A.予約した部屋は民泊物件であり、ホストの了承がないと予約が確定致しません。

ホストの了承のないキャンセルはお客様に費用は一切かからず、キャンセルが可能です。
何卒ご理解をお願い致します。

Q.出発日も迫っており、これから家族5人が泊まれるホテルを探すのは大変。
代替のホテルの提案等はないのか?

A.申し訳ありません。ご意見はごもっともですが、キャンセルにあたって費用は発生いたしません。
重ねて申し訳ありませんが、代替の宿泊施設の提案等も致しかねます。

 

Q.勝手にキャンセルされた直後に同条件で検索したら空室の表示になっている。

もともとの値段で再予約して宿泊することはできないのか?

 

A.申し訳ありません。ご意見はごもっともですが、キャンセルにあたって費用は発生いたしません。

システム上現在表示されている金額で再予約していただくしか方法はございません。

 

Q.ホストが了承しないと予約が完了しないというのは、ユーザーにとってはものすごく不便。

しかも了承までの時間が48時間と長いのも非常に困る。

A.申し訳ありません。ご意見はごもっともですが、キャンセルにあたって費用は発生いたしません。

 

ダメた、こりゃ。

 

なにを聞いても費用はかからずにキャンセルできる、の繰り返しw

 

言葉は上の記述よりもバカみたいに丁寧な言葉遣いなんだけど、誠意が全く伝わってこない。

 

マニュアルを通りに話してるので、まるでペッパーくんと話してるみたいw

 

 

まぁ、システムとしてそういうシステムだと断言されてしまってるので、完全にお手上げ状態。

 

人の足元を見たようなこのホストのホテルには絶対に泊まりたくありません。

 

 

今回は出発前で、ユーザー目線では悲しい出来事だけど、システム上そうなってるので仕方ないと言われてしまえなその通り。

 

諦めるしかありません。

 

 

 

そもそもAgodaって??

 

海外に行く際はかなり色んな予約サイトを使っていますが、今回の様なことはじめてです。

 

よく使ってるけど、Agodaって何者??

 

あらためてWikiでAgodaについて調べてみました。

※ココから下引用は全てWiki Agodaより引用

 

AgodaはBooking.com系列の会社だった!

 

アゴダ(英: Agoda.com)は、アジアを中心としたオンラインホテル予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。

また、Agoda Company Pte. Ltd.は、シンガポールに本社を置く、同サービスを運営するオンライン・トラベル・エージェンシー(Online Travel Agency, OTA)であり、ブッキング・ホールディングス (NASDAQ: BKNG) の一部門を構成している。

 

ブッキングホールディングス?Booking.comと同系列の会社なの??

 

もう少し読み進めていくと、、、、

 

Agodaでホテルを予約すると、JALやANAのマイルがたまる!!

 

1998年に、創業者マイケル・ケニー(Mr.Michael Kenny)によって、PlanetHoliday.comが設立された。(中略)

 

2007年11月、アゴダ社は、アメリカのプライスラインドットコムにより買収され、3番目の国際的合併となった[4][5](その後の親会社の組織変更に伴い、現在はブッキング・ホールディングスの傘下)。(中略)

日本の航空会社では、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が、アゴダを利用した宿泊施設予約により、マイルが貯まるサービスを行っている。

 

アゴダ専用のバナーを経由し予約するとマイルが貯まる。2016年1月、ポイントマックスと呼ばれる新たなマイル/ポイント提供サービスを開始[14]、6月、トップページから航空券の検索が可能となり、同じブッキング・ホールディングスの企業であるKAYAKの航空券情報を参照できる仕様となった。

 

やっぱりBooking.com系列の会社なんですね。

 

そして、Agodaで予約するとJALやANAのマイルが貯まるとは知りませんでした!!

 

Agodaとブッキングドットコムとの違い

 

アゴダとブッキングドットコムは、決済の形式が異なる。

アゴダでは、クレジットカードによるアゴダへの前払いで、ホテルで宿泊料金の支払が不要なのに対し、ブッキングドットコムでは、予約保証のためにクレジットカード番号を通知するものの、決済自体は各宿泊ホテルでされる形式である(ブッキングドットコムにも先払い形式のプランがあるが、その場合でも、決済はホテルの名義で行われる)。

 

このため、アゴダから検索を行い、実際にはブッキングドットコムでの契約となった場合、自動的にブッキングドットコムに予約情報が記録され、料金の請求はホテルが行うことになる。欧米では、アゴダ型のビジネスモデルはマーチャントモデル、ブッキングドットコム型のそれはエージェンシーモデルと呼ばれている[15]

 

AgodaもBooking.comも両方良く使いますが、AgodaはAgodaへの事前決済、Booking.comは現地決済なんですね。。

 

何度も使ってるのに、全然違いに気がついていませんでしたw

 

 

Agodaのコールセンターへ電話問い合せ手順と方法

 

備忘録も兼ねてAgodaのコールセンターへ電話問合せの際の電話番号や手順を書いておきます。

 

Agodaのコールセンターの電話番号

 

こうしてみると、Agodaはかなり多くの国にコールセンターを設置しています。

 

このコールセンターの労力と設置費用をユーザビリティに振り向けてくれれば、もっと人気がでるだろうに、、、

 

残念過ぎます、Agoda。。。。

 

アメリカ合衆国 +1 866 656 8207
アラブ首長国連邦 800 0330 5203
イギリス +44 20 3027 7900
イスラエル +972 7 22713343
イタリア +39 02 38591359
インド 0008000501620
インドネシア +62 21 2561 7999
オーストラリア +61 2 8066 2868
オーストリア +43 720 380085
オマーン 800 74317
カナダ  +1 416 216 4151
サウジアラビア +966 11 510 8738
シンガポール +65 6329 7537
スイス +41 31 547 90 55
スペイン +34 91 754 7020
タイ +66 2 016 4106
ドイツ +49 698 679 9066
ニュージーランド +64 9339 1656
バーレーン +973 1 619 6662
ハンガリー +36 1 4292234
フィリピン +63 2 246 9092
ブラジル +55 11 4280 5290
フランス +33 185 148 161
ベトナム +84 28 4458 2393
ベルギー +32 2 620 08 18
ポルトガル +351 210609454
マカオ
 +853 6262 5205
マレーシア +60 3 2053 1869
ロシア +7 495 705 9247
中国 4008 218 877
南アフリカ共和国 +27 11 844 6064
台湾 +886 2 8723 1285
日本 +81 3 5767 9333
韓国 +82 2 6022 2443
香港 +852 3071 1201

Agodaのコールセンターへの電話のかけ方

日本人が予約に関する問い合せをしたい場合は03-5767-9333へ電話。海外から日本語のサポートを希望する場合は81-3-5767-9333へ。
🔽
日本語を選択したい場合は1のアナウンスが流れるので1を選択。
🔽
予約番号の入力。
🔽
予約時に使用したカードの下4桁を入力。
予約番号やカードの番号を入力しなかったり、間違えた番号を入力すると、容赦なく電話は一方的に切られますw
Agodaへ電話の問い合せをするときは、しっかりと予約番号と予約時のカード番号を事前に確認してから電話しましょうw
今回は日本からかけましたが、チェックイン時に予約が完了していない、なんてトラブルもあるようです。
出発後の万が一のトラブルに備えて、海外旅行時にはSkypeをインストールしていきましょう。

Agodaのコールセンターの営業時間

日本語対応ができる日本のAgodaのコールセンター問い合せ窓口の営業時間は日本時間の9時〜24時まで。

 

英語対応のコールセンターは24時間対応しています。

 

日本時間の営業時間外でどうしても困った時はイギリスのAgodaコールセンター+44-20-3027-7900に連絡しましょう。

 

 

今回は日本国内から電話をかけたので問題なく通話できました。
これが万が一出発後だと、国際電話になるので電話代だけでバカになりません!!
海外旅行に行く時はSkypeを入れてでかけましょう!!

まとめ

勝手にキャンセルされて値段を吊り上げられても文句を言えないAgodaのシステム。
旅に関するトラブルには慣れているつもりでしたが、今回は本当に驚きました。
ウラジオストクは大好きですが、[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²)/2バスルーム (Together Guesthouse . Apartment)とAgodaは大嫌いになりましたw
くれぐれもAgodaの民泊とウラジオストクの[フルンゼンスキー]スタジオ アパートメント(100 m²)/2バスルーム (Together Guesthouse . Apartment)を予約するときにはご注意を!!

 

ではまた!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 断酒チャレンジ、ときどき旅 , 2019 All Rights Reserved.