タクシー乗ってでも行きたい!ウラジオストクおすすめレストラン4選

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

こんにちは!kenです。

「金正恩氏がロシアのウラジオストクでプーチン大統領と会談」のニュースを見ていたら行ったことあるレストランが!

忘れないうちにブログに書いとかねばっ!

現地ガイドのアレクセイも大絶賛のおすすめレストランをまとめてみました。

lesnaya-zaimka(レスナーヤ・ザムイカ)

プーチン大統領と金正恩氏が会食をしたレストラン。

アレクセイはそんなこと一言も教えてくれませんでしたので、ニュースで見るまで気づきまでんでした(笑)

少し調べたら1974年にソビエト共産党書記長レオニード・ブレジネフ氏とアメリカ大統領ジェラルド・フォード氏の核軍縮会議の会食でも使用されたとか!

夜に行ったので暗くてお店の外観写真はlesnaya-zaimka(レスナーヤ・ザムイカ)公式ページから。

昼に行ったとしても巨大すぎて全体のわかる写真は撮れなさそうです(笑)

そんな由緒あるお店と知らずに、家族5人の子連れで予約もなしに入店。天井高っ!!

チーズ盛り合わせ。

サラダ。

美味しい料理とお酒でテンションが上がってしまい、料理の写真はここまで!

チーズ盛り合わせもサラダもスープも500ルーブル(約1000円〜)〜、メインの肉料理や魚料理も1000ルーブル(約2000円〜)〜と、歴史や内装とは思えないほどリーズナブル!!

5人家族全員でお腹いっぱい飲んで食べて8000ルーブル(約16000円)ほど。

市内中心部からは少し距離がありますが、タクシーで1000ルーブル(約2000円)前後。

雰囲気がスゴイのでウラジオストクまで来たらぜひ立ち寄りたいレストランです。

999.9 Cafe

ガイドのアレクセイが「ウラジオストクで一番美味い」と大絶賛のアルメニア料理のレストランです。

レスナーヤ・ザムイカとはうって変わって、大衆的なお店です。

タクシーを降りて海に向かって歩くとこんな感じの外観。

メニューも店員さんはほぼロシア語。

ガイドブックに載っているロシア料理の写真を見せながら注文。

子供も食べられるサラダと頼んで出てきた、パイナップルのマヨネーズ和え。

意外とうまい!


写真を見せて頼んだシャシリク。

このシャシリクが超絶品!

今までで食べた肉類の中で最強と言っても過言ではありません。

日本で食べるちょっとお高い鉄板焼きなんて敵じゃないほどの旨さです!

旨すぎて6日間の滞在で2回も行ってしましいました!

お値段も家族5人で2000〜3000ルーブル(約4000円〜6000円)と、とってもリーズナブル。

ランチで行くなら、食後はシャモラビーチを散歩するのもおすすめです!

 

999.9も市内中心部からは少し距離がありますが、タクシーで1000ルーブル(約2000円)前後。

3bogatirya(トゥリ・ボガティリャ/Three heroes)

雰囲気の良い本格ロシア料理が食べたいなら絶対におすすめのレストラン。

今回行ったレストランの中で、唯一日本語のメニューがありました。

内装もレスナーヤ・ザムイカほど豪華ではないですが、とっても雰囲気があります。

ボルシチと魚のスープ。

鶏肉のハーブ焼き。

お腹いっぱい飲み食いして5000ルーブル(約1万円)弱。

雰囲気もあるし料理も美味しいし、日本語メニューもあるのでおすすめのレストランです!

市内中心部からは300〜400ルーブル(約600〜800円)前後。

3bogatirya(トゥリ・ボガティリャ/Three heroes)公式

スプラ

最後は市内中心部にある、タクシーに乗る必要のない、おすすめのジョージア(グルジア)料理レストランです。

夕方5時前に行きましたが、店内よりも入り口が大混雑。

並んでいるのか、ウエィティングの人でごった返しているのか区別がつきません。

通りかかった店員さんに「5人なんだけど」と伝えるとすぐに案内してくれました。

店内もオシャレです!

メニューはロシア語・英語・韓国語・中国語の4カ国表記です。

ウラジオストクへの観光客は圧倒的に中国人、次に韓国人、日本人はあまりいないので仕方ありませんね。

この小籠包のおばけみたいなのが、名物のヒンカリ。

ヒンカリ、でかい!

食べ方はヒンカリの突出した頭部を積まんで頭部が下に向かうようにひっくり返すして、別の手で持ちながら軽く噛んで熱い汁を飲んだ後で頭部以外の本体を食べるそうです。前述の頭部は生の生地なので、グルジアでは食べないそうです。

食べちゃいましたけどw

シャシリクの盛り合わせ。

誕生日だと店員さんに伝えると、牛の角に入ったワインのサービスがあります。

4〜5人の店員さんが歌って踊るミニショーでお祝いしてくれます。

身分証等の提示はないので、嘘つきほーだいです(笑)

ぜひお試しを!

ここもお腹いっぱい食べて5人で5000ルーブル(約1万円)なので超オススメです!

まとめ

2時間半でいけるヨーロッパ、ロシアのウラジオストク。

どのお店も味と雰囲気で考えるコスパ抜群です!

 

せっかくの海外。贅沢にすごしたいならlesnaya-zaimka(レスナーヤ・ザムイカ)。

味と安さで選ぶなら999.9。

価格と味と雰囲気、日本語メニューで満足したいなら、3bogatirya(トゥリ・ボガティリャ/Three heroes)。

わざわざタクシーが面倒で、オシャレな雰囲気と名物料理を楽しみたいならスプラ。

今回行けなかったけど、気になるレストランはまだまだたくさんあるので、次回をお楽しみに!

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
体調不良のため断酒を決断するも、まだ月に1〜2回飲酒してしまう断酒初心者。 温泉と旅行をこよなく愛する45歳、3姉妹の父。 大学卒業→職を転々→34歳で楽天市場へ出店。 現在は楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・Wowma・自社サイトの5店舗を運営。 経営を体系だてて学びたいと大前研一氏が学長を務めるBBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)へ2014年入学。 2020年の卒業を目指し鋭意勉強中。 趣味:温泉・旅行・ランニング・キックボクシング・ヨガ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 断酒チャレンジ、ときどき旅 , 2019 All Rights Reserved.